<< 朝一。 | main | 懇親。 >>
賢治。
喪主になって自分の葬儀を執り行う夢を見る。
夢ならではのシュールな展開だけど、疲れてんのかなあ。
次から次と変な夢を見た。

本読も、と読んだのは高木仁三郎「宮沢賢治をめぐる冒険」。言わずと知れた亡き反原発科学者の賢治をめぐる講演録。
賢治を科学者と見なして同様な思いを語っている。
賢治は原子力をどう見るだろうか?
賢治の生きた世の中にはまだ原子力は無かったから想像でしかないが、当初原子力を素晴らしさを論じ、知れば知るほどこれは生物界の天敵だと思うに至るのではないかな?

手塚治虫も当初原子力の優位を描いたが「鉄腕アトム」のラストをグスコーブドリに似せることになった。
科学は人間の未来を輝かしく開くが、研究を重ねると絶望の未来をしか開かないこともわかってくる。
原子力がそうなのは素人でもわかることになった。

”Play Kenji"の最新版はサイエンティスト賢治を描いてみたいと思っている。

今日は稽古場に金沢からお客様がいらっしゃる。
「劇団新人類人猿」ご一行様。
’99年「KYO−KA」水の記憶で仙台演劇祭参加。'01年「Shredder Love」で”OCT/PASS"主催の演劇祭「マージナル・シアター・フェスティバル」参加。
長いお付き合いになる前衛劇団である。そのヴィジュアルは圧倒的!!
昨年の「人や銀河や修羅や海胆は」の仙台公演にも駆けつけてくださった。
仙台公演またやって欲しい劇団であります。
10Bや能Bも見学するようなので、企みがあるかも知れない。(1988)
| - | 09:49 | - | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
TheatreGroup
”OCT/PASS” Vol.34
「方丈の海」
方丈サムネ
作・演出/石川裕人
更新される震災の記憶。 新しい約束の場所は現実のものとなって立ち現れるのだろうか? 石川裕人が渾身の力を注ぎ描く 震災の黙示録。
詳細はオフィシャルHPにて!
≫OCT/PASS HP
石川裕人百本勝負
「劇作風雲録」
石川裕人戯曲集
「時の葦舟」三部作 発刊!!
石川裕人戯曲集
熱い情熱 色あせぬ物語
「河北新報」東北の本棚で紹介
2010年劇作100本達成を記念して
出版された著者畢生の三部作。
四六判 モノクロ
264ページ 二段組み ソフトカバー
2,500円 公演会場にて発売中!
WEB販売はコチラ↓
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE