<< 恒例。 | main | 泥眠。 >>
送別。
猛暑!!

んな中、燐光群「宇宙みそ汁」を見る。
んな中っていったって10B・BOX−1の中はエアコン効いていて涼しかったけど。
そんな清涼感のある芝居だった。
現代詩人/清中愛子の「宇宙みそ汁」の構成劇と坂手さんの短篇劇のダブルミックス。
「宇宙みそ汁」の言葉の洪水はちょっと疲れたが、坂手さんの「入り海のクジラ」と「じらいくじら」は長年取り組んでいるテーマが無理なく舞台化されている。
ただ、「宇宙みそ汁」は現代詩の持つシュールな想像力が劇言語として屹立していた。
芝居と現代詩は非常に合う。
この前の総研でご一緒した現代詩人・秋亜綺羅さんは「現代詩は芝居やってる子が作ると良い」って言ってたが、わかるような気がする。

観劇後、5日ぶりで稽古場へ。
実は贅沢にも稽古は4日間の夏休みを取った。
暑くて頭が回らなくなったのである。
いい休みだった。
リフレッシュして稽古場に行った。
タタキも本格始動。
ところがNG者続出。予定も予定外も、追突事故も、
これじゃ稽古にならんと言うことで、1シーンだけやった後、仙台最後の日をわしらの稽古見学に当ててくれた土屋悠太郎君の稽古場送別会を緊急に行うことにした。


なんでみんなファイティングポーズを取ってるのかわからんけど、いい写真だなあ。

昨年の今頃は「人や銀河や修羅や海胆は」で県内各所を巡演していた。
土屋君はどこでも一定の精神集中が出来るようで、涼しげに汗かくこともなくカワセミのような人だった。
ブドリとはこういう人なのかもしれない。

昨日のこと、”OCT/PASS"との出会いのことは彼自身のブログに載っています。
リンクからどうぞ。

これからも関係は続きます。
またいつか創りたいですね。(1999)

| - | 09:27 | - | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
TheatreGroup
”OCT/PASS” Vol.34
「方丈の海」
方丈サムネ
作・演出/石川裕人
更新される震災の記憶。 新しい約束の場所は現実のものとなって立ち現れるのだろうか? 石川裕人が渾身の力を注ぎ描く 震災の黙示録。
詳細はオフィシャルHPにて!
≫OCT/PASS HP
石川裕人百本勝負
「劇作風雲録」
石川裕人戯曲集
「時の葦舟」三部作 発刊!!
石川裕人戯曲集
熱い情熱 色あせぬ物語
「河北新報」東北の本棚で紹介
2010年劇作100本達成を記念して
出版された著者畢生の三部作。
四六判 モノクロ
264ページ 二段組み ソフトカバー
2,500円 公演会場にて発売中!
WEB販売はコチラ↓
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE