<< 悪癖。 | main | 初日。 >>
荒地。
昨夜は「方丈の海」GP。

岡山県から仙台の学生たちと交換しながら芝居作りをしようとする学生さんと先生に見ていただいた。
何もお構いできなくて、感想も聞けなかったが終演時の熱い拍手が芝居の出来を物語っていたかもしれない。

さて、芝居は初日を迎えられる出来には(もちろん)なった。
照明プランのひろやも粘り腰をみせてくれた。その気持ちが大切。よーく頑張った。
でも、まだ直しは出てくるだろう。

昨日役者に檄を飛ばし、即対応出来るのも劇団力であろう。
あとはテンションを切らさない胆力のみ。

今回映像に関わってくれた川村ちゃんは、昨日は写真撮影。
なんと1000枚撮ったとか!!
後で選ぶの大変だよう。
と、彼女はARC>TのHP活動報告で「方丈の海」のことを書いてくれています。
8/25付けを読んで下さい。(リンクから入れます)

彼女は石巻出身でこの震災津波でご家族を亡くした。
心に鬱積しているものはわたしなんかよりずっと重く、大悲だと察せられる。
そんな人に「方丈の海」はどう感じられるのか、どう映っているのか。
彼女は震災後、表現したいと思わなくなったと書く。
深き諦念だろうか?
深い絶望だろうか?

わたしは1年半が経ち、震災を描いた。
これからこの地で芝居をやっていくためにはどうしても避けて通れないと思ったから書いた。
震災後、東北という地への憐憫と愛着が強くなった。
だから書いた。
諦念は無い。
しかし、これから難しいだろうな、とは思う。
「方丈の海」は今後のわたしと”OCT/PASS"の結節点となるような気がする。
わたしは目の前に広がる荒涼たる荒れ地を目指して進むだけだ。
そこが豊饒の地になるようにわずかでも力を注ぎたい。

「方丈の海」本日初日です。(2026)


| - | 11:10 | - | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
TheatreGroup
”OCT/PASS” Vol.34
「方丈の海」
方丈サムネ
作・演出/石川裕人
更新される震災の記憶。 新しい約束の場所は現実のものとなって立ち現れるのだろうか? 石川裕人が渾身の力を注ぎ描く 震災の黙示録。
詳細はオフィシャルHPにて!
≫OCT/PASS HP
石川裕人百本勝負
「劇作風雲録」
石川裕人戯曲集
「時の葦舟」三部作 発刊!!
石川裕人戯曲集
熱い情熱 色あせぬ物語
「河北新報」東北の本棚で紹介
2010年劇作100本達成を記念して
出版された著者畢生の三部作。
四六判 モノクロ
264ページ 二段組み ソフトカバー
2,500円 公演会場にて発売中!
WEB販売はコチラ↓
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE