<< 拍手。 | main | 感慨。 >>
辛辣。
4日の休演日をはさんで昨日6ステージ目。

劇評家の西堂行人さん、大阪ウィングフィールドの福本年雄さん両氏から東京、大阪での上演を勧められました。
初日に観ていただいた『毎日新聞』の高橋豊さんからは「今日本で観るべき舞台は『方丈の海』です」というお言葉も。
「毎日」は今月末の高橋さんの連載コラムに掲載されます。楽しみ。

とはいえ、アンケートの中には辛辣なコメントもある。
元々、「方丈の海」は賛否両論の芝居だと思っていたのでその否定感想もありがたく頂戴します。
否定感想はやはり津波被災を受けた方々だ。
「なに言いたいのかわからない」

拙い劇作の反省を置いて、1本の芝居で全てを語りきることは出来ない。
多分、語れない。
訥弁でポツポツと、あるいはわからなさを力業で語りきることしか出来ないかもしれない。
「方丈の海」は震災から1年半現在のわたしの途中経過であり、この時点から未来を想像した芝居である。
まだまだわたしたちの歩みは続く。
「ただ歩くのみ」

「方丈の海」いよいよあと3ステージのみ。
楽日はソールドアウトになりました。
今日明日とも若干の席はあるようです。(2032)
| - | 10:16 | - | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
TheatreGroup
”OCT/PASS” Vol.34
「方丈の海」
方丈サムネ
作・演出/石川裕人
更新される震災の記憶。 新しい約束の場所は現実のものとなって立ち現れるのだろうか? 石川裕人が渾身の力を注ぎ描く 震災の黙示録。
詳細はオフィシャルHPにて!
≫OCT/PASS HP
石川裕人百本勝負
「劇作風雲録」
石川裕人戯曲集
「時の葦舟」三部作 発刊!!
石川裕人戯曲集
熱い情熱 色あせぬ物語
「河北新報」東北の本棚で紹介
2010年劇作100本達成を記念して
出版された著者畢生の三部作。
四六判 モノクロ
264ページ 二段組み ソフトカバー
2,500円 公演会場にて発売中!
WEB販売はコチラ↓
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE