<< 「トロッコ」という小説。 | main | 犬の幸せ。 >>
寝かせておくと旨くなる本。
 池内紀「二列目の人生 隠れた異才たち」は今まで全然知らなかった人たちのプロフィールでいっぱいだ。何故二列目かといえば卒業写真などの記念写真になぞらえられている。写真の一列目は先生やクラス委員、優等生などが座るが、二列目から後ろは普通の人々。だが、なにか一癖、二癖持ってる奴らが勢揃い。つまり、南方熊楠が有名なら同じようなことをした大上宇市。ラフカディオ・ハーンにはヴェンセスラオ・デ・モラエス。料理人・北大路魯山人には中谷巳次郎。宮澤賢治と宮城県大河原出身の詩人・尾形亀之助などなど、もう一人の誰某16人が異彩を放って登場する。
 ゆたかな才能と勤勉さ、自ら編み出した方法。全て一列目の人たちに負けないものを持っていたが、貧しさ。チャンスを逃した。世間と妥協しなかった。意固地。世の流れにまかせず自分の世界を大切にした。そんなこんなで二列目の人生を送ることになった人々だが、それは多くの人々の生き方でもある。共感を持って愛おしめる本である。’03年初版の本、買っておいたが今頃読んだ。寝かせておくと旨くなる本がいっぱいある。
| - | 22:17 | - | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
TheatreGroup
”OCT/PASS” Vol.34
「方丈の海」
方丈サムネ
作・演出/石川裕人
更新される震災の記憶。 新しい約束の場所は現実のものとなって立ち現れるのだろうか? 石川裕人が渾身の力を注ぎ描く 震災の黙示録。
詳細はオフィシャルHPにて!
≫OCT/PASS HP
石川裕人百本勝負
「劇作風雲録」
石川裕人戯曲集
「時の葦舟」三部作 発刊!!
石川裕人戯曲集
熱い情熱 色あせぬ物語
「河北新報」東北の本棚で紹介
2010年劇作100本達成を記念して
出版された著者畢生の三部作。
四六判 モノクロ
264ページ 二段組み ソフトカバー
2,500円 公演会場にて発売中!
WEB販売はコチラ↓
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE